要介護度の改善でインセンティブ報酬 - 川崎市

川崎市は、『かわさき健幸福寿プロジェクト』  という名のもと 要介護度の改善でインセンティブ報酬が発生する仕組みを作った。 目標は下記3点 (1) 参加事業所及び対象者数:平成28年度は、200事業所・300人 (2) 要介護度:対象者の人数ベースで、改善17%以上、一定期間維持65%以上 (3) […]

Read more

注目を浴びる 市民後見人

市民後見人について 厚生労働省によると、市民後見人については、その定義や所掌範囲が明確ではないが、研究会報告書等において ●弁護士や司法書士などの資格はもたないものの社会貢献への意欲や倫理観が高い一般市民の中から、成年後見に関する一定の知識・態度を身に付けた良質の第三者後見人等の候補者 ●市民後見人 […]

Read more

介護保険制度改定の撤回を求める要望書 を厚労省に提出 – 認知症の人と家族の会理事

この要望書がそのまま通れば介護保険もまた使いやすくなると思います。 昨今の日本の人口ピラミッドを見ると先を見据えた対策が必要なので今の制度は仕方がない側面はありますが(良いとは思いません)、長い期間、値上がりした介護保険料を納めた人程、使いにくくなる介護保険サービスになってしまいます。 現状になるま […]

Read more

千葉県 -認知症対策について(平成27年度第4回インターネットアンケート調査の結果)

千葉県が認知症対策についてのアンケートを公開しました。 千葉県は、『高齢者人口が急増する本県においては、認知症高齢者は、平成27年の約24万3千人から平成37年には27万人に増加すると見込まれています。特に85歳以上では4人に一人が認知症の症状が出現する可能性があり、長寿社会においては、認知症は誰も […]

Read more

介護と保育の融合そして

政府が、介護と保育施設をもっと近づけようと言っています。 介護と保育の施設を一体化させようこれを、「共生型福祉施設」と言います。 北海道ではすでに取り組みが進められており、以下のような事が主となっています。 共生型福祉施設では、   ・高齢者の居宅介護や通所介護等のサポート   ・高齢者の健康相談や […]

Read more

神経変性疾患発症に重要なメカニズムを解明 – 東北大学

神経変性疾患の脳内にみられる異常凝集タンパク蓄積と神経細胞死のプロセスに、小胞輸送制御因子ESCRT(エスコート)が重要な役割を果たすことを明らかにしました。本研究は、神経変性疾患発症メカニズムの一端を解明するものであると共に、同疾患の新たな治療開発へ貢献することが期待されます 全文を見る 治療開発 […]

Read more

認知症の基礎知識(2)

前の記事:認知症の基礎知識(1) 認知症の治療 現在の医学では、認知症は治る病気ではありません。 と、言われていますが、認知症は症候群であり症状の集まりです。 原因となる疾患によって出やすい症状は異なり、中には原因は違っても同じような症状が出たりする。また、複数の原因が重なっていたりすることもありま […]

Read more

皆さんの施設は大丈夫? – 『老人デイサービスセンターの経営状況について 』 

皆さんの施設は大丈夫? – 『老人デイサービスセンターの経営状況について 』 2,135件のデイサービスセンターを調査。 一般型は 85.9%、認知症対応型は 14.1% 一般型のうち単独型は 20.8%、併設型は79.2% 一般型のうち小規模型は 24.0%、通常規模型は 65.6%、 […]

Read more

知って欲しい職員教育の基本 -割れ窓理論を考える-

割れ窓理論というのはご存知でしょうか。 アメリカの犯罪学者ジェームズ・ウィルソンとジョージ・ケリングが発案した理論で建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される-という考えです。 ゴミが落ちている場所ににゴミが集まるわけですね。 職場 […]

Read more

アトピー性皮膚炎モデルの原因遺伝子を解明 - 理化学研究所発表

===2016年4月26日=== 理化学研究所が『アトピー性皮膚炎モデルの原因遺伝子を解明』を発表しました。 一部抜粋 遺伝子変異誘導によりアトピー性皮膚炎モデルマウス(Spadeマウス)を開発し、このモデルマウスにおけるアトピー性皮膚炎発症のメカニズムを解明し、発症の予防方法を発見しました。 かい […]

Read more
1 2 3 25