神経変性疾患発症に重要なメカニズムを解明 – 東北大学


神経変性疾患の脳内にみられる異常凝集タンパク蓄積と神経細胞死のプロセスに、小胞輸送制御因子ESCRT(エスコート)が重要な役割を果たすことを明らかにしました。本研究は、神経変性疾患発症メカニズムの一端を解明するものであると共に、同疾患の新たな治療開発へ貢献することが期待されます

全文を見る

治療開発に期待される疾病を探してきました

スムーズな運動が出来なくなる病気:
パーキンソン病,パーキンソン症候群(多系統萎縮症,進行性核上性麻痺など)など
体のバランスが取りにくくなる病気:
脊髄小脳変性症,一部の痙性対麻痺など

筋力が低下してしまう病気:
筋萎縮性側索硬化症など

認知機能が障害されてしまう病気:
アルツハイマー病,レビー小体型認知症,皮質基底核変性症など

全ての病気について、有名な病気で治癒が困難(というか出来ない)なものです。

この開発が成功すれば、人類の3割(主観の数値です)位の人が助かるのではないでしょうか。

また、研究が進みメカニズムが解明したあかつきには、本当の意味での予防策も発見されると思います。 今回の発見は大きな一歩と言えるのではないでしょうか。

人気ブログランキングへ
参考になったでしょうか。もしよろしければ下にコメント欄がありますのでコメントをいただければ修正や加筆の参考になります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。みなさんの参考になるようがんばりますのでまたお越しください。
 
受験対策
≪ケアマネージャー≫
受験対策
≪社会福祉士≫
受験対策(研修)
≪介護福祉士≫
初任者研修 
通学】 【通信

多くの方が一緒に読まれている記事

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。