皆さんの施設は大丈夫? – 『老人デイサービスセンターの経営状況について 』 


皆さんの施設は大丈夫? – 『老人デイサービスセンターの経営状況について 』

2,135件のデイサービスセンターを調査。

一般型は 85.9%、認知症対応型は 14.1%

一般型のうち単独型は 20.8%、併設型は79.2%

一般型のうち小規模型は 24.0%、通常規模型は 65.6%、大規模型は 10.4%

事業形態別と、収支状況の一覧
127

収支を見ると、人件費率が63.4%と高めになっています。

定員が28.3で平均利用者数が20.1 。稼働率にすると71%となります。 表の上では。稼働率68.6%になって平均の平均より、トータル数の平均は少し低く出てますね。

平均利用者数が20.1名で、年間実施日数が311.1 。  年間利用人数 6,253名 12カ月で割ると、1月521名

521名 × 平均単価9,589 で、月の売り上げが 4,995,869 約500万円。

月売り上げ500万円 で 人件費率が、63.4% ということは、人件費317万円

人件費317万円 から、一施設当たりの従事者数10.7を割ると、月給与296,261円となります。

296,261×12ヵ月で、3,555,132 円で年収が 350万円オーバーですね。

月給に換算し直すと、ボーナス年2か月分の場合は、 355万円 から 14(12+ボ2)で、253,571円。 ボーナス年4ヵ月で、 355万円から 16(12+ボ4)で、221,875円となります。

更に更に、この月給は税引き前の給与なので、社会保険料等を差し引くと、 手取りが。18万~22万位になるのかと思います。

ここまで、見た人いますか? 見た人がもしいたら、一番下のコメントに何でもいいから書いてください。

そして、話は元に戻って、 月の売り上げが500万円。 人件費が63.4%で317万円になるので、差額が 183万円

経費率が、22.9%なので、114.5万円。 経費は、固定費(家賃等の毎月必ずかかる費用)と、変動費(月によって費用が増減するもの)と考えます。

売上が500万円。 経費が431.5万円。 と、いうことは、利益が68.5万円。 利益率13.7%。 

・・・あれ!? 思ったより利益率が高い。。 少しネガティブな記事になるかと思いきや、思ったより利益の確保が出来ているのですね。

あえて、ネガティブな部分を掘り出すと、人がメインの仕事であるサービス業の人件比率を考えると、ちょっと高めかな。 せめて60%位までに押さえたい所だけど、人を厚くしてサービスを良くするという考えならOKだとは思いますが、この人材不足でそれはありえない。というのが私の思う所であります。

と、いうことは人の確保の為に無理やり給与を上げて単価を上げる事により、少数精鋭として人不足。 もしくは、安定の事業所で職員が長く勤める事で昇給が人件費を圧迫している。 
人が集まらな過ぎて、求人広告費が人件費を圧迫している。 若しくは、人が集まらなすぎて、契約社員を多用することで人件費を圧迫している。等々・・・

色々と数字遊びをしたり原因分析をすると楽しいですよね。  みなさんはどう思いますか??

全文を見る[PDF]

人気ブログランキングへ
参考になったでしょうか。もしよろしければ下にコメント欄がありますのでコメントをいただければ修正や加筆の参考になります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。みなさんの参考になるようがんばりますのでまたお越しください。
 
受験対策
≪ケアマネージャー≫
受験対策
≪社会福祉士≫
受験対策(研修)
≪介護福祉士≫
初任者研修 
通学】 【通信
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。