知っておきたい生活保護(2) 扶助の範囲


知っておきたい生活保護(1) 基本編

でありました。扶助8種について詳しく見て行きたいと思いまう。

(1)生活扶助

※第1類 + 第2類 + 各種加算により算出
第1類 ●食費・被服費等の個人単位の経費
第2類 ●光熱費、家具什器等の世帯単位の経費
●冬季加算:冬季の暖房費など(地区別の加算の期間が異なる)
入院患者日用品費 ●病院等に入院している被保護者の一般生活費
介護施設入所者基本生活費 ●介護施設に入所している被保護者の一般生活費
各種加算 ●妊産婦加算:妊婦~産後6か月の妊婦の栄養補給
●母子加算:父母の一方か両方が書けている場合
●障害者加算:身体障害者1~3級、障害基礎年金1,2級の特別な需要に対して
●介護施設入所者加算:介護施設に入所中の教育娯楽等の特別な需要に対して
●在宅患者加算:在宅患者の栄養補給等の特別な需要に対して
●放射線障害者加算:原爆放射能による負傷や疾病等のあるものに対する特別な需要に対して
●児童養育加算:中学修了前までの児童に教育文化的経費等特別な需要に対して
●介護保険料加算:介護保険第1号被保険者の介護保険料に対する加算
期末一時扶助 ●年末(12月)の特別需要に対する経費
一時扶助 ●保護開始時、出生、入学準備、入退院等に際して緊急やむを得ない場合などの経費

(2)出産扶助

扶助の範囲 分娩の介助、分娩前後の処置、脱脂綿・ガーゼなどの衛生材料
扶助の方法 ●原則、金銭給付

(3)教育扶助

扶助の範囲 義務教育に伴う教科書、学用品、通学用品
学校給食、そのた義務教育に必要なもの
扶助の方法 ●原則、金銭給付

(4)生業扶助

扶助の範囲 生業に必要な、資金・器具または資料や技能の修得、就労の為に必要なもの
扶助の方法 ●原則、金銭給付。現物支給の場合は、授産施設への委託や授産施設の長への交付

(5)住宅扶助

扶助の範囲 住居(家賃、間代、転居の敷金や契約更新料等)
補修や住宅維持に必要なもの
扶助の方法 ●原則、金銭給付。

(6)医療扶助

扶助の範囲 診察、薬剤または治療材料、医学的処置や手術および処置の施術
居宅における療養上の管理や世話その他看護
病院(診療所)への入院や療養に伴う世話やその他看護
移送
扶助の方法 ●原則、現物支給(必要があるときは金銭給付)

(7)介護扶助

扶助の範囲 居宅介護(予防含む)、福祉用具、住宅改修、施設介護、移送
扶助の方法 ●原則、現物支給(必要があるときは金銭給付)

(8)葬祭扶助

扶助の範囲 検案、死体の運搬、火葬または埋葬、納骨、その他葬祭に必要なもの
扶助の方法 ●原則、金銭給付。
人気ブログランキングへ
参考になったでしょうか。もしよろしければ下にコメント欄がありますのでコメントをいただければ修正や加筆の参考になります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。みなさんの参考になるようがんばりますのでまたお越しください。
 
受験対策
≪ケアマネージャー≫
受験対策
≪社会福祉士≫
受験対策(研修)
≪介護福祉士≫
初任者研修 
通学】 【通信
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。