児童虐待防止推進月間の標語を厚労省で募集 6月14日(火)迄≪虐待の気持ちを表してみてはいかがでしょうか≫


 福祉に興味があったり、福祉に携わってるからこそこのページに来ていただいているのだと思います。

 児童も高齢者も虐待は虐待。 その虐待の知識があり、アンテナを張り巡らしている皆さんなら、入賞を狙える標語が出てくると思います。

 応募は1人1句。思いついたら是非応募してみてはいかがでしょうか。 私も1句メールにて送信しました。

 今回募集の児童虐待の標語は、


 厚生労働省では毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と定め、児童虐待問題に対する社会的関心の喚起を図るため、集中的な広報・啓発活動を実施しています(平成16年度から実施)。
 平成28年度も、この取組の一つとして、児童虐待問題に対する理解を国民一人一人が深め、主体的な関わりを持てるよう、意識啓発を図ることを目的として、標語の募集を行います。

ということで募集が始まっています。

 応募は、郵送かE-MAIL。 平成28年4月15日(金)から6月14日(火) 期間です。(郵送の場合は、当日消印有効とします。)

 応募に際して、以下の記載が必要です。

(1) 応募にあたっての注意点
 ・ご自身で創作した未発表の作品に限ります。
 ・作品は一人につき1作品応募可能です。※2作品以上応募の場合は無効です。
 ・応募作品は、返却いたしません。
 ・指定の応募方法による応募以外は無効です。

(2)個人で応募する場合の方法
 郵便はがきに作品と郵便番号・住所・氏名・年齢・職業・電話番号をご記入の上、下記の宛先へ郵送してください。
 電子メールによる応募も可能です。その場合、記入いただく内容は、郵便はがきによるものと同様です。
 

4)応募宛先
 児童虐待防止推進月間に開催する「子どもの虐待防止推進全国フォーラムin ふくい」 (主催:厚生労働省、共催:福井県、福井市)の共催事務局標語募集担当宛に応募してください。
 ➀郵送の場合  〒910-8580  福井県福井市大手3丁目17番1号   福井県健康福祉部子ども家庭課 標語募集担当 宛
 ➁電子メールの場合  jidou-hyougo@pref.fukui.lg.jp
  ・ メールの題名は「標語の応募」としてください。
  ・ ファイルを添付する場合は、Word、Excel、一太郎又はテキスト形式のいずれかによりお願いいたします。

※過去の最優秀作品

平成17年度  気づいたら 支えて 知らせて 見守って
    平成18年度  あなたの「もしや」が子どもを救う。
    平成19年度  きこえるよ 耳をすませば 心のさけび
    平成20年度  助けての 小さなサイン 受け止めて
    平成21年度  守ろうよ 未来を見つめる 小さなひとみ
    平成22年度  見すごすな 幼い子どもの SOS
    平成23年度  守るのは 気づいたあなたの その勇気
    平成24年度  気づくのは あなたと地域の 心の目
    平成25年度  さしのべた その手がこどもの 命綱
    平成26年度  ためらわず 知らせてつなぐ 命の輪
平成27年度  「もしかして」 あなたが救う 小さな手

是非、みんなで入賞を狙おう!!

人気ブログランキングへ
参考になったでしょうか。もしよろしければ下にコメント欄がありますのでコメントをいただければ修正や加筆の参考になります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。みなさんの参考になるようがんばりますのでまたお越しください。
 
受験対策
≪ケアマネージャー≫
受験対策
≪社会福祉士≫
受験対策(研修)
≪介護福祉士≫
初任者研修 
通学】 【通信

多くの方が一緒に読まれている記事

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。