これからの必須知識《地域包括ケアシステム》 その(1)


地域包括ケアシステムとは

 団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現していきます。
 今後、認知症高齢者の増加が見込まれることから、認知症高齢者の地域での生活を支えるためにも、地域包括ケアシステムの構築が重要です。
 人口が横ばいで75歳以上人口が急増する大都市部、75歳以上人口の増加は緩やかだが人口は減少する町村部等、高齢化の進展状況には大きな地域差が生じています。
地域包括ケアシステムは、保険者である市町村や都道府県が、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて作り上げていくことが必要です。

1 7
地域包括ケアシステムイメージ

他職種が連携して地域で暮らす一人一人の生活を最後まで続けることが出来る様に考えられたシステムです。 今までは、医療や介護、生活支援、住まいが縦割りで動いていたのに対して、横の連携を推進する事により住みやすい街作りを勧めます。

システム概要は上図の通り作られていますが、実際に図のような連携をどのように取るのかは、『地域特性』によって作られるものですので、どのような取り組みが出来るのかは各地域で特色がます。

例えば、農業地域や団地地域、住宅街など様々な地域特性と地域住民の特性で良いシステムが構築されていきます。

ここで、事例の一つとして厚生労働省で紹介している案件を紹介します。

地域包括ケアシステム構築へ向けた取組事例 ~鹿児島県大和村の取組~ 住民が自ら考える互助の地域づくり

2 3
4 5

厚労省:事例一覧

地域包括ケアシステム構築のプロセス

 市町村では、 2025年に向けて、3年ごとの介護保険事業計画の策定・実施を通じて、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じた地域包括ケアシステムを構築していきます。

6

次の記事

人気ブログランキングへ
参考になったでしょうか。もしよろしければ下にコメント欄がありますのでコメントをいただければ修正や加筆の参考になります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。みなさんの参考になるようがんばりますのでまたお越しください。
 
受験対策
≪ケアマネージャー≫
受験対策
≪社会福祉士≫
受験対策(研修)
≪介護福祉士≫
初任者研修 
通学】 【通信
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。