実感 新しい傷治療『モイストケア』 傷の乾燥はもう古い! 消毒とガーゼは使わない【医療知識】


新しい創傷治療『湿潤療法(モイストケア)とは』 … 消毒とガーゼは使わない【医療知識】 

湿潤療法は、痛みがなく、きれいに、体に優しく直ります。なぜなら、

:1.傷を乾燥させません。

 傷が乾くと傷を直す成分がいきわたらないため治りが遅くなります。また傷が乾くとガーゼとくっついて、はがすときにとても痛いばかりか、治りかけの皮膚を一緒にはがしてしまいますので良くありません。
 乾燥させないと黄色透明の直す成分がいっぱい出ますが、膿ではありません。

2.傷を消毒しません。

 消毒薬は細菌等を殺す毒です。これを傷の中にぬるとよけいに傷を傷めて膿みやすくなり治りを遅くします。しかもとても痛いです。
 また、皮膚を守っている常在菌は消毒しても1時間で元に戻るので傷の消毒は結局は無意味で害ばかりです。  
(念のためですが消毒薬は傷以外の器具等にはとても有用です)

3.傷は洗ってあります。

 消毒はしませんが、傷の中に異物(ごみ、砂など)があると膿む原因になり、きれいに治りません。傷を水でよく洗い異物をできるだけとりのぞいてあります。消毒するよりよく洗うことのほうが大切です。

消毒はせず、プロペト(軟膏)をこまめにつけてください。
 プロペトは乾燥させない為の軟膏で、薬の成分は入っていません。いっぱいぬっても安心です。たっぷりお使いください。 

私の周りでも、子供のケガに、毎日、流水で傷を良く洗ってワセリンを塗布することで治りが良くなった。という人、
犬が病気で毎日膿が出ていたのを、消毒してガーゼやさらしを切ってあてていたのを、この方法に変えたら匂いや創傷がだいぶ改善されたと好評でした。

大きな傷は、医師に見てもらった方がいいですが、日々のケガやちょっとした傷、様子をみつつ医療と連携をとるのも良いですね。

プロペト(ワセリン)を見てみる

 傷はすぐ洗うくらいですから、水道水かかかっても問題ありませんが、数日は水がかかると痛いことが多いので用心してください。
 プロペトが水をはじいてくれますので傷にプロペトをたっぷりぬってお風呂に入ってください。初めのうちは湯船にはつけずに傷ごとシャワー(かけ湯)をしてください。心配なときはプロペトの上から食品用ラップフィルムを巻くと安上がりです。傷に水をかけても痛くなければ湯船につけても大丈夫です。傷の周囲はいつも通り洗ってください。
 お風呂上がりには、決して消毒はせず、傷にプロペトをたっぷりぬってください。

プロペト(ワセリン)を見てみる

[全文を見る]

人気ブログランキングへ
参考になったでしょうか。もしよろしければ下にコメント欄がありますのでコメントをいただければ修正や加筆の参考になります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。みなさんの参考になるようがんばりますのでまたお越しください。
 
受験対策
≪ケアマネージャー≫
受験対策
≪社会福祉士≫
受験対策(研修)
≪介護福祉士≫
初任者研修 
通学】 【通信
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

One comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。