【口臭問題】高齢者の口腔ケア


今回は、検索で口腔ケアのの一つである、口臭についてキーワードから出てこないという問い合わせがありましたのでニュースから記載いたします。

口腔ケアがどうなっているか日々の支援で気にしなくてはならない重要な一つである。

気にしなくてはならない一つが、口臭。 今回は口臭問題についてニュースから取り上げたいと思う。

高齢者と関わっていると、施設・在宅かわらずに口臭が強い人が比較的多い気がします。

みなさんご存じのとおり、口臭は虫歯や内臓が主たる原因と思っていますが、舌の汚れ(舌苔)も気にしなくてはならない重要な事です。

しかし、舌の汚れを取るというのは、特に傷を付ける事に注意をしなくてはならない器官である舌をどうするかが課題となります。

————-

入居者の部屋に入った瞬間、独特の臭いに気づかれた経験はありませんか? その原因が部屋の住人の口臭であることは少なくありません。口臭は本人には気づきにくく、ほかの人は指摘しにくいため、放置されることが多いのです。

口臭の原因はいろいろありますが、特に要介護者のひどい口臭には、主に次のようなことが考えられます。
自分で十分に歯磨きができず、食べかすが残りやすくなっているケース
手入れがきちんとできないために入れ歯やブリッジの部分に食べかすが残りやすくなっているケース
食べかすが歯垢となり、歯肉炎や歯周病を引き起こしているケース
顔の筋肉が弱くなって、だ液腺が刺激されないため、だ液が出にくくなっているケース
舌苔が多くあり、口腔に細菌ができて野菜の腐臭のような強烈な臭いを発生しているケース
舌ガン、口腔ガン、食道ガン、胃ガン等が原因の特有の口臭があるケース
呼吸器の病気が原因となっているケース
口臭を解消しようと市販の消臭用品を使う方も多いようです。消臭剤を効能により分類すると、臭いの元となる微生物を殺菌するもの、発生した臭いを分解して消臭するもの、香料等で臭いをカムフラージュするものがありますが、いずれも特効薬的な消臭効果はありません。

では、口臭のひどい要介護者のための特別な口腔ケアはあるのでしょうか? 残念ながら一瞬にして解決できるものはなく、日頃の「清掃」あるのみです。

特に脱着できる義歯を使っている方は、とりはずして専用ブラシで表面の歯垢や食べかすを取り除くことが必要です。市販の義歯洗浄剤を使用するものよいですが、まずは機械的な清掃(ブラッシング等)が一番効果的です。

仮に口臭の原因が義歯にあったとしても、すぐに外しっぱなしにすることはおすすめできません。なぜなら、ものをかめなくなって栄養状態が低下するうえに、「かむ」という感覚刺激がなくなることで認知症が進んでしまう場合もあるからです。入れ歯をとりはずして清掃できないときは、くちびるや舌のマッサージをしてだ液腺を刺激し、自浄作用を高めて口臭を緩和させましょう。

介護をされている方はとても多忙です。そのため口腔ケアはどうしても後回しになりがちですが、気持ちよく介護するためにも、介護を受ける方の口臭を解消することは重要です。口臭がひどい方には、歯科医師による診察を受け、歯科衛生士による専門的口腔ケアを定期的に受けることを勧めてください。

入居者の部屋に入った瞬間、独特の臭いに気づかれた経験はありませんか? その原因が部屋の住人の口臭であることは少なくありません。口臭は本人には気づきにくく、ほかの人は指摘しにくいため、放置されることが多いのです。

口臭の原因はいろいろありますが、特に要介護者のひどい口臭には、主に次のようなことが考えられます。
自分で十分に歯磨きができず、食べかすが残りやすくなっているケース
手入れがきちんとできないために入れ歯やブリッジの部分に食べかすが残りやすくなっているケース
食べかすが歯垢となり、歯肉炎や歯周病を引き起こしているケース
顔の筋肉が弱くなって、だ液腺が刺激されないため、だ液が出にくくなっているケース
舌苔が多くあり、口腔に細菌ができて野菜の腐臭のような強烈な臭いを発生しているケース
舌ガン、口腔ガン、食道ガン、胃ガン等が原因の特有の口臭があるケース
呼吸器の病気が原因となっているケース
口臭を解消しようと市販の消臭用品を使う方も多いようです。消臭剤を効能により分類すると、臭いの元となる微生物を殺菌するもの、発生した臭いを分解して消臭するもの、香料等で臭いをカムフラージュするものがありますが、いずれも特効薬的な消臭効果はありません。

では、口臭のひどい要介護者のための特別な口腔ケアはあるのでしょうか? 残念ながら一瞬にして解決できるものはなく、日頃の「清掃」あるのみです。

特に脱着できる義歯を使っている方は、とりはずして専用ブラシで表面の歯垢や食べかすを取り除くことが必要です。市販の義歯洗浄剤を使用するものよいですが、まずは機械的な清掃(ブラッシング等)が一番効果的です。

仮に口臭の原因が義歯にあったとしても、すぐに外しっぱなしにすることはおすすめできません。なぜなら、ものをかめなくなって栄養状態が低下するうえに、「かむ」という感覚刺激がなくなることで認知症が進んでしまう場合もあるからです。入れ歯をとりはずして清掃できないときは、くちびるや舌のマッサージをしてだ液腺を刺激し、自浄作用を高めて口臭を緩和させましょう。

介護をされている方はとても多忙です。そのため口腔ケアはどうしても後回しになりがちですが、気持ちよく介護するためにも、介護を受ける方の口臭を解消することは重要です。口臭がひどい方には、歯科医師による診察を受け、歯科衛生士による専門的口腔ケアを定期的に受けることを勧めてください。

—————

記事:
うわっ…口クッサ!歯科医が警告「口臭の原因」の8割はアノ部分の汚れ

誰かと話していて、ふとした瞬間にプ~ンと口臭が漂ってきたらあなたはどうしますか? 普通なら「……なるべく●●さんとは近くで話さないようにしよう」と思いますよね。さらに、ソレが異性ならば「この人とはナイわ」という烙印が一気にドーンと押されます。

口臭というものはとてもセンシティブな話題のようで、特に他人、そして異性には指摘しにくいこと。では、皆は他人の口臭についてどう思っているのでしょうか?

今回は、フィリップス エレクトロ二クス ジャパンが実施した調査の結果をご紹介しましょう!

■男性6割近くが「口臭がキツい異性はイヤ」
調査は、20代~60代の男⼥1,000名を対象に行われたもの。

まず「あなたは、異性の“⼝臭がきつい”ことを受け⼊れられますか」と尋ねると、男性の56.6%が「受け入れられない」と回答。しかし、43.4%は「受け入れられる」と言っているのが驚き……。

女性の場合は、なんと73.2%が「受け入れられない」と回答しており、女性のほうがより口臭に対しての嫌悪感を感じているようです。

次に、男性に「⼝臭がきついことを、恋⼈に対してもし触れてしまったら、どうなると思うかを選んでください」と聞くと、

・1位・・・特に何も変わらない(38.4%)

・2位・・・関係が悪化する(33.6%)

・3位・・・相手が落ち込む(29.6%)

という結果に。男性は思ったことをそのまま口に出してしまう傾向が強いので、本人は何も思ってなくても、女性のほうは気にしてしまい、気まずくなってしまう……という可能性も考えられます!
———————————-

口臭予防として有効なのが
■1:唾液の分泌を促す
唾液は、口中のバクテリアを流し、虫歯を予防する働きをしてくれるそうです。この唾液の分泌が足りず、口の中が乾燥すると、口臭が発生することが多いとか。
気になる時は、ガムを噛んでみましょう。噛むことで唾液の分泌が盛んになるそうです。同じように、食事の際も早食いせず、食べ物をゆっくり噛んで食べるといいですね。また、歯科医に必要なケア方法を尋ねてみるのもひとつの手です。

■2:デンタルフロスとマウスウォッシュを使う
「きちんと歯磨きしてるのに、どうして口臭?」と思う方、もしかしたら、歯磨きでは取れなかった汚れや食べかすから、口中にバクテリアが大発生しているのかも……。
そんな事態を防ぐためには、歯磨きの際にデンタルフロスで歯間をキレイにすることもお忘れなく。仕上げにマウスウォッシュで口をゆすげば、口の中がスッキリするはずです。

■3:“口以外”の原因を探る
「歯の手入れはきちんとしているのに、まだ息がクサい……」という方、もしかしたら胃酸過多などの症状がありませんか?
もしくは、食べた食品などが口臭の原因となっているのかもしれませんね。食べすぎや飲みすぎで胃を壊した人や、消化機能の調子が悪い人は特にご注意ください!

■4:歯ぐきの病気を疑う
「歯にも胃にも問題はなさそう」という方は、歯ぐきの調子はどうでしょうか? 歯周病などで歯ぐきが傷んでいる可能性はありませんか?
どうも歯ぐきの病気はシニアに限ったことではないようで、子どもやまだ若い人でもかかることがあるそうです。
特有の悪臭がすることもありますので、放っておかないで歯科医に治療の相談をしましょう!

■5:歯石・歯垢を取り除く

なんと、歯の表面に溜まる歯垢や歯石は、口臭の原因NO.1だそうです! “バイオフィルム”と呼ばれる微生物が原因で、舌の上に溜まることもあるとか。

柔らかい毛の歯ブラシを使い、きちんと歯と歯ぐきを磨くことが一番の予防法だそうです。できれば1日3回磨きたいところですが、日中難しい場合は朝晩の歯磨きをしっかり実行しましょう!

———————————-
■口臭が起こる原因は舌!?

人間関係が悪化してしまう原因となりうる口臭。では、口臭が起こる原因はなんでしょうか?

鶴見大学歯学部の中川洋一先生は、「⼝臭には⼤きく分けて、内臓などの“⾝体”が原因の場合と、汚れをはじめとした “⼝内”が原因の場合があります。さらに、その中で“病的”な⼝臭と、“⽣理的”な ⼝臭が存在しています」と話します。

しかし先生によると、“⾝体”が原因の⼝臭や、“口内”が原因でも⾍⻭や⻭周病などによる病的な⼝臭は多くなく、「⼝臭の主な原因は“⾆の汚れ”がその多くを占めているのです。」とのこと!

口臭を測定し診断しに来る患者の8割近くが舌の汚れが原因なのだとか。あなたは、歯磨きの際きちんと舌まで磨いていますか?

以上、いかがでしたでしょうか? 今回お伝えした“舌の汚れ”に加えて、『WooRis』の過去記事「相手の顔ひきつってない?恋愛や出世を阻む“口臭”の原因7つ」でお伝えしたとおり、“歯の汚れ”も口臭の大きな原因になります。

エチケットとして、歯磨きの際は舌も磨くほか、歯の間に挟まった食べかすや、口内に発生するバクテリアなどをきれいにするために、デンタルフロスやマウスウォッシュも駆使して、口内を清潔に保つようご注意くださいね!

(ライター 相馬佳)

人気ブログランキングへ
参考になったでしょうか。もしよろしければ下にコメント欄がありますのでコメントをいただければ修正や加筆の参考になります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。みなさんの参考になるようがんばりますのでまたお越しください。
 
受験対策
≪ケアマネージャー≫
受験対策
≪社会福祉士≫
受験対策(研修)
≪介護福祉士≫
初任者研修 
通学】 【通信
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。