【本の紹介】もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだら




少し前に話題となった本です。

私は、流行っているから読むというより、読む機会が巡ってきたと思ったら手に取って購入して読みます。

今回は、AKBで映画化されたもしドラです。

あらすじは、女子高校生がひょんな事から野球部のマネージャーになるのですが、マネージャーの役割を知るために本屋でマネジメントの本を購入をしたのが始まりです。

その本の著者はドラッガー。言わずとしれた経営の神様です。 そのドラッガーの本を引用しながら野球部にあてはめるとどうマネジメントをするべきなのかと仲間とアイデアを出し合いながらバラバラだった野球部を一つにまとめ、最終的には甲子園に行くというお話です。

もちろん不思議に思うところは多々ありますが、思いがけない発想や自分の職場に当てはめてみた場合にどう重ねるかを考えながら読むと楽しいかもしれません。
悪いところを突けばいくらでも出てくると思います。 しかし、この本の発想や細かいことを気にしないでストーリーを楽しめば良い本ではないでしょうか。

マネジメントの触りというより、マネジメントを使った変わった発想で物語が進行しますが、マネジメントを意識した実践が上手くいくとこういう結果になるという部分に視点をおいて、自分自身もそうありたいと思えればマネジメントを勉強してみるのも良いのではないでしょうか。

人気ブログランキングへ
参考になったでしょうか。もしよろしければ下にコメント欄がありますのでコメントをいただければ修正や加筆の参考になります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。みなさんの参考になるようがんばりますのでまたお越しください。
 
受験対策
≪ケアマネージャー≫
受験対策
≪社会福祉士≫
受験対策(研修)
≪介護福祉士≫
初任者研修 
通学】 【通信
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。