【介護支援】ケアマネ試験から知識吸収(老人保健施設)


過去記事:老人保健施設で検索

2013-07-14-062832

過去記事からの転記ですが、老人保健施設とは
————————
介護老人保健施設は、利用者の自立した生活を営むことを支援し、家庭復帰をめざし、施設は明るい家庭的な雰囲気を持ち、地域や家庭との結びつきをめざすことを基本理念とし以下の4つの役割と機能がある。

1. 総合的ケアサービス施設
介護老人保健施設は、施設サービス計画に基づいて、看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練、その他必要な医療並びに日常生活上の世話を行うなど総合的なケアサービスを提供する施設で、それぞれの利用者が有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができるよう支援する。

2. 家庭(在宅)復帰施設
介護老人保健施設は、明るく家庭的な雰囲気の中で、利用者の意思と人格を尊重し、常に入所者の立場に立ってサービスの提供に努める施設で、早期の家庭復帰をめざす。

3. 在宅ケア支援施設
介護老人保健施設は、地域の在宅ケアを支援する施設で、短期入所療養介護、通所リハビリテーションをはじめ、訪問看護・訪問介護・訪問リハビリテーションなど多様な機能を活かし、在宅ケア支援の拠点となることをめざす。

4. 地域に開かれた施設
介護老人保健施設は、地域や家庭との結びつきを重視した開かれた施設で、市町村、居宅介護支援事業者、居宅サービス事業者、他の介護保険施設、保険医療サービスまたは福祉サービスの提供者との連携に努めるとともに、地域の住民にも開かれた施設である。老健施設“はまゆう”の基本理念としては、以上の介護老人保健施設の理念と、おもと会基本理念及びおもととよみの杜基本理念を根底に、21世紀に老健施設が果たすべき役割を目指す。常に自立支援と利用者本位の視点を念頭に置き、利用者や家族が何を望んでいるのか、何が最も利用者や家族のためになるのかを考え、利用者の基本的人権の尊厳を守る立場にあることの自覚を持って、高齢者のケアの向上に貢献する。
————————
の4つが機能と役割として掲げられています。

また、5つの基本理念役割もあります(全国老人保健施設協会より) (設問4)
————————
介護老人保健施設は、利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、 生活機能の維持・向上をめざし総合的に援助します。 また、家族や地域の人びと・機関と協力し、安心して自立した在宅 生活が続けられるよう支援します。

1.包括的ケアサービス施設
利用者の意思を尊重し、望ましい在宅または施設生活が過ごせるよう チームで支援します。そのため、利用者に応じた目標と支援計画を立て、 必要な医療、看護や介護、リハビリテーションを提供します。

2.リハビリテーション施設
体力や基本動作能力の獲得、活動や参加の促進、家庭環境の調整など 生活機能向上を目的に、集中的な維持期リハビリテーションを行います。

3.在宅復帰施設
脳卒中、廃用症候群、認知症等による個々の状態像に応じて、多職種から なるチームケアを行い、早期の在宅復帰に努めます。

4.在宅生活支援施設
自立した在宅生活が継続できるよう、介護予防に努め、入所や通所・訪問 リハビリテーションなどのサービスを提供するとともに、他サービス機関と 連携して総合的に支援し、家族の介護負担の軽減に努めます。

5.地域に根ざした施設
家族や地域住民と交流し情報提供を行い、さまざまなケアの相談に対応します。 市町村自治体や各種事業者、保健・医療・福祉機関などと連携し、地域と一体となったケアを積極的に担います。また、評価・情報公開を積極的に行い、サービスの向上に努めます。
——————————

老人保健施設は、老人保健法を根拠法として、、といいたいところですが、現在は介護保険法第8条に位置づけられています。
参考:根拠法一覧
———————-
8条内
24  この法律において「介護保険施設」とは、第四十八条第一項第一号に規定する指定介護老人福祉施設及び介護老人保健施設をいう。
25  この法律において「施設サービス」とは、介護福祉施設サービス及び介護保健施設サービスをいい、「施設サービス計画」とは、介護老人福祉施設又は介護老人保健施設に入所している要介護者について、これらの施設が提供するサービスの内容、これを担当する者その他厚生労働省令で定める事項を定めた計画をいう。
———————-

(設問3)老人保健施設の医療的役割が、家庭復帰施設としての医療の場と生活との場を結ぶ事が挙げられます。

介護老人保健施設でのリハビリテーションは重要な機能の一つであり、「維持期リハビリ」あるいは「生活リハビリ」を計画的に行わなけれならないとされています。

良く聞くのが、病院を退院後自宅に戻る前に老健へ入所しリハビリをしっかりやって体が動くようにしてから戻すというケースや、居宅サービスを継続している中で身体機能の低下がみられてきたので、デイケア等でリハビリをすすのではなく、3か月間しっかりリハビリをして戻ってくるという事があります。

解答:1、3、4

人気ブログランキングへ
参考になったでしょうか。もしよろしければ下にコメント欄がありますのでコメントをいただければ修正や加筆の参考になります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。みなさんの参考になるようがんばりますのでまたお越しください。
 
受験対策
≪ケアマネージャー≫
受験対策
≪社会福祉士≫
受験対策(研修)
≪介護福祉士≫
初任者研修 
通学】 【通信
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。