【介護支援】ケアマネ試験から知識吸収(社会保障制度)


過去の社会保障の記事:【介護支援】ケアマネ試験から知識吸収(社会保険)

2013-07-09-204546

介護保険制度の被保険者は、第1号被保険者と第2号被保険者に分かれます。

第1号被保険者は、65歳以上の人
第2号被保険者は、40歳以上で医療保険に加入している人

となります。その他の条件として以下のものがあります。

—————————————-
日本国民でない人でも、自国の公務に携わっておらず、「外国人登録」により日本に1年以上滞在しているか、滞在予定が確定している場合には対象になりますが、加入手続きが必要です。反対に日本に国籍があっても国外在住などで自治体に住民票のない人、40~64歳で医療保険のない人(生活保護など介護扶助の対象)、あるいは障がい者自立支援法に規定される施設の入所者なども適応から外れます。さらに、加入していればすぐに介護給付を受けられるというわけではないので注意が必要です。
————————————–

自営業か自営業じゃないかは問われませんので、当然介護保険の被保険者となります。

介護保険における保険事故を進める前に保険事故について記載しておきます。
————–
保険事故(ほけんじこ)とは、保険において保険者の保険金支払義務を具体化させる事故、つまり、当該事故が発生したときに保険者が保険金の支払をしなければならない事実をいう。偶然なものでなければならないが、いつか必ず発生するといったものでもよい。
————–
この上で、介護保険の保険事故とは、介護保険にのっとる事業所を利用した際に9割が(居宅介護支援は10割)保険給付として支給されます。 設問にある通り、老齢や障害又は死亡に関して必要な給付を行うものではありません。

健康保険法での保険事故は、第1条に記載があります。
———————————–
この法律は、労働者の業務外の事由による疾病、負傷若しくは死亡又は出産及びその被扶養者の疾病、負傷、死亡又は出産に関して保険給付を行い、もって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする。
————————————

となりますので、設問3の内容は正しい桃になります。

労働者災害補償保険制度は、通称労災と言われ、労働者の業務上の事由または通勤による労働者の傷病等に対して必要な保険給付を行い、あわせて被災労働者の社会復帰の促進等の事業を行う制度です。その費用は、原則として事業主の負担する保険料によってまかなわれています。

となります。現物給付(保険給付は通常金銭給付(現金給付ともいう)によることが多いが、保険を政策の手段として利用する社会保険では金銭給付にかえて現物またほサービスによる給付が行われます。 )でも実施してくれるところもあります(労災指定病院等)。

労災給付一覧
1. 療養(補償)給付
2. 休業(補償)給付
3. 傷病(補償)年金
4. 障害(補償)給付
5. 遺族(補償)給付
6. 葬祭料(葬祭)給付
7. 介護(補償)給付
※詳しくは、URL内。

設問5は、医療の現物給付や所得補償のための年金給付を主に行っている。となります。

正解を載せるのを忘れていました。 
解答:1,3,4 連絡くれた人ありがとうございました。

人気ブログランキングへ
参考になったでしょうか。もしよろしければ下にコメント欄がありますのでコメントをいただければ修正や加筆の参考になります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。みなさんの参考になるようがんばりますのでまたお越しください。
 
受験対策
≪ケアマネージャー≫
受験対策
≪社会福祉士≫
受験対策(研修)
≪介護福祉士≫
初任者研修 
通学】 【通信
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。