【知識】特定施設入居者生活介護


特定施設入居者生活介護

————————
特定施設入居者生活介護とは、特定施設に入居している要介護者に対して、介護サービス計画に基き、入浴・排泄・食事等の介護、その他の日常生活上ならびに療養上のお世話、機能訓練をすること指します。
※要支援者に対するものは「介護予防特定施設入居者生活介護」と呼ばれます。
※法改正により、特定施設の対象拡大等の理由によって「特定施設入所者生活介護」から「特定施設入居者生活介護」に改められました。

1.有料老人ホーム 
2.養護老人ホーム
3.軽費老人ホーム
4.サービス付き高齢者向け住宅(旧 適合高齢者専用賃貸住宅)
———————–

指定特定施設入居者生活介護の基本サービスは
・生活相談
・計画作成
・安否確認
・緊急時対応
となり、

包括利用型と外部サービス利用型によって受けられるサービスが変わります。
 ※包括型が介護サービスを含めた全てを担い外部サービス利用型は居宅サービスとして外部のものを使うサービスです。

指定特定施設入居者生活介護のサービス形態(クリックするとイメージページへリンク)

サ高住と有料老人ホームの違い(画像お借りしたサイト
toku

サ高住をもっと詳しく →→→よくわかるサービス付き高齢者向け住宅の制度解説(調べた中で分かりやすかったサイト)

今回はあまりかけていません。いまいち理解が出来ていません。 あと1か所紐がほどければすべてつながるような気はするのですが・・・

人気ブログランキングへ
参考になったでしょうか。もしよろしければ下にコメント欄がありますのでコメントをいただければ修正や加筆の参考になります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。みなさんの参考になるようがんばりますのでまたお越しください。
 
受験対策
≪ケアマネージャー≫
受験対策
≪社会福祉士≫
受験対策(研修)
≪介護福祉士≫
初任者研修 
通学】 【通信
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。