【知識】貧血


今日は、貧血について記載していきます。

【貧血】(Wikipediaより)
血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠感や蒼白その他の諸症状が現れる[1][2]。

基準値は研究機関・検査施設によって若干異なるが、概ね男性でヘモグロビン濃度13.0 g/dl、女性で12.0(あるいは11.5) g/dl程度とされる[1][2]。

なお、貧血はヘモグロビンあるいはヘマトクリットが減少した状態(症候、病態)を示す言葉であって、単に「貧血」という名前の病気があるのではなく、病名(疾患名、診断名)は原因に従って、鉄欠乏性貧血とか赤芽球癆などと言った病名になる[3][4]。

また、世間では急に立ち上がったり、立ち続けることで血圧が低下しめまい・立ちくらみが起きる一過性の起立性低血圧(脳貧血)やそれに加え全身の倦怠感なども起きる慢性の低血圧症を貧血と呼ぶこともあるが、低血圧によるものは医学的には貧血とはまったく異なるものである。

貧血の原因
・鉄欠乏性貧血 … 鉄欠乏性貧血は赤血球の主原料となる鉄が不足することで起こる貧血です。
・二次貧血 … 血液疾患以外の基礎疾患が原因で起こる貧血
————————————
(1)慢性疾患に伴う貧血
 膠原病(慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなど)に伴う慢性炎症や慢性感染症(結核(けっかく)、感染性心内膜炎、肝膿瘍(かんのうよう)など)において、白血球の一種である単球・マクロファージからつくられる炎症性サイトカインによる赤血球造血の抑制、鉄の利用障害、赤血球の造血を刺激する液性因子エリスロポエチン産生の抑制、網内系(もうないけい)細胞の活性化による赤血球破壊の亢進など、複数の要因により小球性(しょうきゅうせい)〜正球性(せいきゅうせい)貧血がみられます。
 貧血の程度は軽度から中等度で、ゆっくりと進行するため代償機構(だいしょうきこう)(代わって補うメカニズム)がはたらき、貧血症状はわずかです。
 なお、全身性エリテマトーデス(SLE)では、溶血性(ようけつせい)貧血を発症することがあります。
(2)腎疾患に伴う貧血(腎性(じんせい)貧血)
 赤血球の造血を刺激する液性因子エリスロポエチンは、腎臓でつくられています。慢性腎不全(まんせいじんふぜん)の患者さんの貧血の主な原因は、エリスロポエチンの産生低下による赤血球の産生低下ですが、そのほかにも、腎臓の排泄機能の低下により体内にたまる尿毒症(にょうどくしょう)性物質による造血抑制や溶血の亢進、低栄養、透析(とうせき)に伴う失血などさまざまな原因が関係しています。
(3)肝疾患に伴う貧血
 肝硬変(かんこうへん)の患者さんでは、脾機能亢進(ひきのうこうしん)、赤血球膜(せっけっきゅうまく)の脂質の異常による溶血、消化管の出血、鉄や葉酸の欠乏、循環血漿(けっしょう)量の増大などが原因で、3分の2の患者さんで貧血がみられます。
(4)内分泌疾患に伴う貧血
 甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)(エリスロポエチン産生の低下)、副甲状腺機能亢進症(ふくこうじょうせんきのうこうしんしょう)(造血前駆細胞の抑制、骨髄(こつずい)の線維化)、下垂体(かすいたい)機能低下症(エリスロポエチン産生の低下)、副腎皮質(ふくじんひしつ)機能低下症(赤血球産生の抑制)で貧血を伴うことがあります。
(5)悪性腫瘍に伴う貧血
 原因はさまざまで、出血、二次感染、吸収障害、骨髄転移による造血抑制、腎障害、抗がん薬による骨髄抑制(骨髄にある造血細胞が障害され、減ってしまうこと)などが複雑に関係しています。
————————————-

・妊娠時の貧血 … 母親は自分の分と子供の分の栄養素を作らなくてはなりません。鉄の造成が間に合わなくなったときに貧血となります。

・脳貧血 … 起立したままの状態で、脳の血液が重力などにより下に向かい脳内の血液が薄くなったときに起こります。

それでは、鉄と血液の関係を調べていきましょう。

・鉄の役割
鉄は60~70%は血液に、残りは肝臓や骨髄、筋肉などに存在します。血液が体のすみずみまで酸素を運搬したり、筋肉が収縮したり、コラーゲンを合成したりするのを助ける働きがあります。
鉄不足は貧血を招くうえ、筋力低下の原因にもなります。
 ①酸素を運搬する
 ②筋肉を収縮させる
 ③体内の代謝を助ける
 ④貯蔵させる

以上の事から、少なるなると
 >貧血、倦怠感、疲労感、イライラ感、集中力低下、筋力低下、口内炎、爪の異常
逆に多くなると
 >皮膚の色素沈着、肝障害、亜鉛やマンガンなど他のミネラルの吸収阻

等があります。

鉄の接種には
鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄とがあります。ヘム鉄は肉や魚などに含まれ、非ヘム鉄は野菜などに含まれます。吸収率は植物性食品の非ヘム鉄が1~10%に対して動物性食品のヘム鉄は5倍以上の10~30%とかなり優位。動物性の食品を中心に摂るようにしましょう。

人気ブログランキングへ
参考になったでしょうか。もしよろしければ下にコメント欄がありますのでコメントをいただければ修正や加筆の参考になります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。みなさんの参考になるようがんばりますのでまたお越しください。
 
受験対策
≪ケアマネージャー≫
受験対策
≪社会福祉士≫
受験対策(研修)
≪介護福祉士≫
初任者研修 
通学】 【通信
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。