shabon

【介護支援】ケアマネ試験から知識吸収(認知症)


おはようございます。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今日も天気が良くなりそうです。

ドメイン作成後、いくつかの記事を書きましたがメインドメインの引越しだけがどうしても完了しません。
何故だろう・・・

問題42 認知症について適切なものはどれか。3つ選べ。
1 若年性認知症では,作業能率の低下など実行機能の障害が引き起こす諸症状が先行することが少なくない。
2 若年性認知症者が入院による精神医療を継続的に必要とする場合には,自立支援医療の対象となり,健康保険の自己負担が軽減される。
3 若年性認知症である介護保険の第2号被保険者であっても,市町村が必要があると認めた場合には,障害福祉サービスの利用が可能である。
4 養護者により虐待を受けたと思われる認知症高齢者を発見した者は,高齢者本人の意思確認ができないときは,そのまま経過を観察する。
5 認知症地域支援推進員は,市町村や地域包括支援センターに配置され,家族等からの認知症に関する総合相談に応じ,コーディネーターの役割を担う。

問題28 BPSD(認知症の行動・心理症状)について,より適切なものはどれか。3つ選べ。
1 BPSDは,認知症が進行し,終末期に向かうほど顕著になる。
2 BPSD出現の背景には,便秘や睡眠障害がある場合もある。
3 BPSDへの対応には,認知症の人に対するもののほか,介護者(家族)への支援も含まれる。
4 BPSDへの対応は,薬物療法を優先して行うべきである。
5 家庭や福祉施設では対応が困難なBPSDの場合には,老人性認知症疾患療養病棟などへの入院も検討する。

上:解答1・3・5
下:解答2・3・5

先ず、認知症は『後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が低下した状態』を差します。あくまで後天的な脳の器質的障害なので先天的な脳の障害は認知症と言いません。

施設では、脊髄小脳変性症の2号被保険者の方も使われる事がありますが、理解していない人は認知症ではないかと思う人もいるのですが、認知症とは別になります。
また、この場合は居宅サービスの加算である若年性認知症受入れ加算も算定できません。

今回の設問の中にある若年性認知症ですが、最近(読むタイミングで最近ではないかもしれないけど)、CM等でも認知症は病気ですと取り上げられ、ビューティフルレイン等のドラマや映画などのテーマにも一昔前からなっています。

そういえば、、任侠ヘルパーでもありましたね。

で、認知症の症状は、中核症状と周辺症状(BPSD)に分かれますが前者は認知症のすべての方がなるもので、後者が性格や環境によって出現したり出現しなかったりするものです。

実行機能障害は中核症状に分類されますが、通常の認知症であれな大抵時間から分からなり場所が分からなくなってと進行してきます。

若年性認知症の進行で実行機能障害が先行云々ですが、明確な裏付けは見つからなかったのですが、
とりあえず、実行機能障害とは「目的をもった一連の行動を自立して有効に成し遂げるために必要な機能である」と定義されています。
—————————————
料理の味付けが少しずつ変わってきて、少し味が濃くなってきた
お米の炊き方がかたすぎたり柔らかすぎたりして一定しない
食事の支度の段取りが悪くなる
食器を洗っても、汚れが落ちていない
テレビやエアコンのリモコンなど家電製品が使えなくなる
—————————————-

こんな事が出てきてから、なんかおかしいかも? ということで病院に行くのでしょうから先行しているといわれるのかもしれません。
そもそも、、認知症自体は物忘れ程度のものでないのですが、、

物忘れは、言われた内容を忘れた、朝ご飯何食べたっけというものに対し認知症は、言われてないよ、朝ご飯食べてないよと言うものです。

自立支援医療とは(1)精神通院医療 (2)更生医療 (3)育成医療で分けられ、設問にある精神医療に関しての対象者は『精神通院医療は、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第5条に規定する統合失調症、精神作用物質による急性中毒、その他の精神疾患(てんかんを含む。)を有する者で、通院による精神医療を継続的に要する病状にある者に対し、その通院医療に係る自立支援医療費の支給を行うものです。』
———————————————
(1)病状性を含む器質性精神障害(F0)
(2)精神作用物質使用による精神及び行動の障害(F1)
(3)統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害(F2)
(4)気分障害(F3)
(5)てんかん(G40)
(6)神経症性障害、ストレス関連障害及び身体表現性障害(F4)
(7)生理的障害及び身体的要因に関連した行動症候群(F5)
(8)成人の人格及び行動の障害(F6)
(9)精神遅滞(F7)
(10)心理的発達の障害(F8)
(11)小児期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害(F9)
—————————————————

ここの(1)を調べてみたのですが、認知症自体は含まれるようです。
厚労省のページの一節に
「1)認知症疾患医療センターにおける確定診断や、自立支援医療(精神通院医療費)による健康保険の自己負担軽減等の医療的な支援」
ということで、自立支援医療による支援があるようです。
若年性認知症の実態等に関する調査結果の概要及び厚生労働省の若年性認知症対策について

設問では×になっているので、多分言葉的なものなのかもしれません。 『入院』これがある事で×になる可能性があります。 この辺りはみなさん知っている人いたら教えてください。

若年性認知症である事は、2号保険者です。障害福祉サービスの利用は可能で、利用の流れは次の通りになります。 [こちら]

>>4 養護者により虐待を受けたと思われる認知症高齢者を発見した者は,高齢者本人の意思確認ができないときは,そのまま経過を観察する。

これはないですね。認知症であるかないかに限らず虐待を受けたと思われる(もしくは可能性がある)場合は通報義務(相談義務)がありますので経過観察はだめです。
経過観察することで、最悪の事態につながる場合も考えられます。

>>5 認知症地域支援推進員は,市町村や地域包括支援センターに配置され,家族等からの認知症に関する総合相談に応じ,コーディネーターの役割を担う。
———————————-

———————————–
となります。

後半の問題に関してはBPSDに関してなので一気にいきます。(既に終了6:00目標が過ぎてしまってるのもありますが。。。)
もう一度おさらい
———————————–
1 BPSDは,認知症が進行し,終末期に向かうほど顕著になる。
2 BPSD出現の背景には,便秘や睡眠障害がある場合もある。
3 BPSDへの対応には,認知症の人に対するもののほか,介護者(家族)への支援も含まれる。
4 BPSDへの対応は,薬物療法を優先して行うべきである。
5 家庭や福祉施設では対応が困難なBPSDの場合には,老人性認知症疾患療養病棟などへの入院も検討する。
———————————–

1は、やはり脳の器質変化が進行するほど重くなってきます。終末期は周辺症状の出方によっては在宅自体厳しいものになってくると思います。この場合は、BPSDではなく、中核症状が正しいものとなります。
2は、性格や環境により出現するものと出現しないもの等背景も異なります。もちろん設問にある事由も含まれます。
3は、徘徊などで家族の負担がより強くなってきます。そういった家族支援(レスパイトケア)も重要になってきます。
4は、最終的にどうしても、、だめでだめでという事なら致し方ない場合もあります。が、これは優先となっているので×です。この場合、身体拘束・虐待などに判別される事があります。
5.これは実際にあります。施設では目的をもって生活をしているので、その方のみに対応困難なケアを継続して行うことに限界もありますし、家族も精神疾患になったり最悪の事態も想定されますので、その前に検討が必要となります。

人気ブログランキングへ
参考になったでしょうか。もしよろしければ下にコメント欄がありますのでコメントをいただければ修正や加筆の参考になります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。みなさんの参考になるようがんばりますのでまたお越しください。
 
受験対策
≪ケアマネージャー≫
受験対策
≪社会福祉士≫
受験対策(研修)
≪介護福祉士≫
初任者研修 
通学】 【通信
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。