【介護支援】ケアマネ試験より知識吸収(定期巡回型随時訪問介護看護)


問題5 定期巡回・随時対応型訪問介護看護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 提供するサービスは,定期巡回サービス,随時対応サービス及び訪問看護サービスの3つである。
2 主治の医師が認めた居宅要介護者以外は,給付対象とならない。
3 「介護・看護一体型」の場合には,理学療法士,作業療法士又は言語聴覚士を事業所に配置することができる。
4 訪問看護サービスを行うのは,看護師に限られる。
5 入浴の介護も行うことができる。

解答3・5

定期巡回型は、過去の記事で記載していますので併せて参照してください。

そちらと共に紐解いていきます。

先ず、定期巡回随時訪問介護看護を簡単に説明すると
—————————————-
定期的な巡回又は随時通報により、入浴、排せつ、食事等の介護や日常生活上の緊急時の対応などを行うサービスです。

オペレーターが24時間対応し、緊急の際の通報を受け、必要に応じて介護・看護スタッフが訪問致します。また、緊急時以外に24時間複数回の定期訪問を行い隙間の介護や随時対応を行います。
—————————————-

と、なります。提供サービスですが、

●利用者の生活リズムに合わせ1日複数回の定期的な訪問  (定期巡回サービス)
●24時間いつでも繋がる安心 (オペレーションサービス)
●要請に応じて24時間対応での随時訪問 (随時訪問サービス)

の3つとなります。 選択肢の訪問看護→オペレーションサービスが正しい訳ですね。

2の選択肢ですが、主治の医師が違うのでしょうか。 正しくは医師の指示に基づきなので、主治医でなくてもOKということなのかもしれません。

④は、正しい選択肢となります。

④は、人員基準を見ると分かりますが
———————————–
訪問看護サービス
 (一体型事業所のみ)
 保健師、看護師又は准看護師 常勤換算方法で2.5人
 (うち1名は、常勤の保健師又は看護師)
理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士
———————————–

と、なりますので、看護師以外にも可能です。 このあたりは、訪問看護と一緒ですね。

⑤は、一番最初にどういうものかを記載しましたが、ここに入浴は可と記載があります。

こう、細かいところを問題として突っ込まれると回答が難しいですねぇ・・・

人気ブログランキングへ
参考になったでしょうか。もしよろしければ下にコメント欄がありますのでコメントをいただければ修正や加筆の参考になります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。みなさんの参考になるようがんばりますのでまたお越しください。
 
受験対策
≪ケアマネージャー≫
受験対策
≪社会福祉士≫
受験対策(研修)
≪介護福祉士≫
初任者研修 
通学】 【通信
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

One comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。