shabon

【介護支援】救急対応


先日、救急搬送がありました。

ここで、対処について考えてみたいと思います。

熱は何度か。
血圧はいくつか。
サチュレーションはいくつか。

今回の救急搬送の決め手となったのが、サチュレーションの値です。

熱や血圧では緊急性がないと判断し、病院に連絡の上受診していたかもしれません。

しかし、SPO2の値が84-91とかなり低かったので急いで救急車を呼びました。

酸素濃度が低いということは、なんらかの問題があります。
血圧、熱は平熱と比較しなければなりませんし、SPO2も在宅酸素をしていたら値も変わってきます。

このSPO2をしっかり計測したおかげで本人も事なきを得ました(入院になりましたが)

パルスオキシメーターは、、こんなものがあります。 → パルスオキシメーター

しかし、指が低温であったり拘縮していることでしっかり測れなかったりもするのですが、、、

人気ブログランキングへ
参考になったでしょうか。もしよろしければ下にコメント欄がありますのでコメントをいただければ修正や加筆の参考になります。お忙しい中申し訳ありませんがよろしくお願いします。
最後までご覧いただきありがとうございました。みなさんの参考になるようがんばりますのでまたお越しください。
 
受験対策
≪ケアマネージャー≫
受験対策
≪社会福祉士≫
受験対策(研修)
≪介護福祉士≫
初任者研修 
通学】 【通信
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。